2018年5月31日木曜日

間違い探し_パズル誌の紆余曲折


イラスト制作、イラストレーター、間違い探し表紙イラスト、キャラクター制作
(C)KAEWANORYUUJI・川野隆司
間違い探しのパズル誌が初めて創刊されたのが2004年、あれからもう14年がすぎた。日本で初めての間違い探しの雑誌の表紙のイラストを担当できたのは光栄ですが
この雑誌が売れたせいか、各社続々と亜流の雑誌を創刊してきた。
そのせいもあるのかこの手のパズル誌の読者のパイは決まっており。
新規読者は少しは掘り起こしたかもしれないが、かなり増加したとはいえず、2号・3号と出していくにつれ、売り上げは低迷していったらしい。表紙のキャラを廃止したりレイアウトを刷新したり。
全ページカラー化したり、大判サイズにしたり、
色々テコ入れしたが、なかなか売り上げ増に繋がらなく、
表紙刷新で、私は2年で降ろされた。
本文の迷路や、間違い探しの問題は発注してくれていたが
そのうち編集が編プロから発行元に移り、編プロのこの編集部は解散した。
この表紙のイラストから降ろされた時は、もうこの表紙のアイデアを考えなくていいという嬉しさもあったが
年齢も合間って、現役イラストレーターからだんだん遠ざかっていくような一抹の寂しさがあった。

イラスト制作、イラストレーター、間違い探し表紙イラスト、パンダイラスト
(C)KAEWANORYUUJI・川野隆司




0 件のコメント:

コメントを投稿