2020年1月8日水曜日

イラストレーターって日本に一体何人いるの?

イラストレーター・川野隆司
https://kawano.jimdo.com


50代になってから、仕事が減りはじめたと以前の記事で書きましたが、
今はもう70歳目前、60代の終わりですが・・
あっという間のイラストレーターフリーランス生活40年でした。
27歳でフリーになって最初の3年間はデザイン・印刷関係のパートをしながら
でしたから、完全にイラストだけで食べてきたのは約40年になります。

昨日、youtubeに
「イラストレーターで本当に食べて行けるの?」

というタイトルで動画を
アップしたのですが、再生数は1日で36回でした、
今まで90本近く
動画をアップしてきましたが、どの動画もほとんど4・5日で30〜40回なので自分の動画視聴回数では1日36回は多い方です。
(一般的なyoutubeではかなり低い回数ですが・・)
やはりこのようなタイトルだと気になる方や興味のある方は多いのですね。

自分の実感としてyoutubeで話をしましたが、

やはりイラストレーターは多すぎなのかな?実際はどうなのかな?
と疑問をもち
ググって見ました。
キーワードは「イラストレーター」「人口」です。

まず目についたのは
pixivというイラスト投稿サイトでした。

私も登録してますが
アカウントとっただけで手が回らず何もアップしてません。

ここのサイトをイラストレーター人口の物差しにして想像して見ました。

会社のホームページを見ました。
採用のページを見ると
https://www.pixiv.co.jp/news/information/article/7140/

2019年の4月に世界で登録者数4000万人いますね!

日本の登録者数は30%でだとか書いてました。

約1000万人ですか!!

東京の去年の人口が約1300万人ですから

すごいですね。

私の推測というかかなり大まかな想像的計算ですが
全くの趣味的アマチュアの登録者が半分で500万人
私みたいな投稿1回で見もしなくなった幽霊会員が半分として
250万人
イラストレーター志望者や関連学校の学生が半分で
125万

何かしら1回でも仕事経験者が半分で
60万

ネットだけの底辺でしか仕事や活動してない人が半分で
30万人

プロだが副業感覚でやってる人やデザイナー兼業が半分で
15万人

一応プロだが食えないイラストレーターが半分で
7万人

一応食えてるのが半分で3万人

ざっとこんなもんだろうというまったく根拠のない想像ですが

pixivに登録してないイラストレーターが私の周りのイラストレーターは
かなりいますので
3万人の倍はいるだろうと考えて6万人
企業内イラストレーターや高度な専門イラストレーターもいますし、
デザイナーでプロのイラストぐらいのレベルの人はかなりいます。
その人たちも入れると
20代から60・70代と考えると
それに
pixivライクな人ばかりではないのでそこを考えますと
およそ20万人はいるんだろうなという推測です。


このくらいが少なめに見積もっての
日本のイラストレーターの人口なのかなと全く根拠のない想像です。ww w

ここ20年ぐらいのデジタルの普及で職人的技術は必要なくなったし
技術習得の時間は圧倒的になくなった、
必要性があれば
高度なグラフィックソフトでも集中すれば1年で覚えられますから

技術的な問題も昔より楽になってるので、イラストレーターの裾野は
かなり広いのかもです。

まあ・・供給人口が増えれば、自ずと
制作料金は低くなるのが経済ですね。

冬来たる・・

厳しい時代かな・・



















0 件のコメント:

コメントを投稿